歴史的建築物で結婚式

京都で日本の歴史を感じられる結婚式をとお考えの場合、神社仏閣が一番に思い浮かぶでしょう。そして、歴史を感じられるのは場所的に白無垢、色打掛という和装だけだとお考えでしょうか。そんなお悩みをお持ちの方には、世界遺産、重要文化財などの歴史的建造物で結婚式を挙げられてはいかがでしょうか。

徳川家康により築城され、大政奉還を経て日本の歴史を見守ってきた世界遺産である二条城では年間55組限定で結婚式ができます。こちらは支度場所と披露宴会場は二条城ではないため移動の際は専用の花嫁車で移動になりますが、東大手門から清流園まで人力車で場内を周遊することができます。衣装も、白無垢色打掛はもちろん、十二単を選択でき、悠久の歴史を感じられる結婚式になることでしょう。

旧日本銀行京都支店であった京都文化博物館 別館は、明治39年に竣工された赤煉瓦造りのレトロな外観の重要文化財です。こちらでは、人前式・キリスト式の挙式スタイルを選ぶことができます。同じく重要文化財である京都府庁 旧本館では、1日2組限定で人前式・キリスト式の挙式スタイルを選び結婚式ができます。こちらは、現役の庁舎で最古のものとなり、大隈重信も足を踏み入れ明治~現在まで京都の歴史を生き抜いた建物は、永久の象徴に相応しい場所です。