神社仏閣での結婚式

京都で和風または和モダンの結婚式を希望される方は、格式のある神社仏閣で挙式をとお考えの方も多いかと思われます。同じ和の結婚式でも神社とお寺では違う魅力があります。それぞれの魅力・結婚式を行っている神社仏閣のはどのような所があるのでしょう。

神社で行う結婚式である神前式は、結婚により新たな結びつきを新郎新婦のみではなく家族同士も作ることだと考えられており、挙式中は両家の両親が新郎新婦の後ろに座り2人を見守る、引き締まった雰囲気の結婚式です。一連の儀式を通じて2人の結婚への熱い思いを確認し、挙式後に温かい家族の結びつきを感じられます。

また、神前式では参進の儀という本殿までの花嫁行列や本殿に入るための儀式など神社ならではの体験ができます。京都では、世界遺産に登録されている上賀茂神社、平安京遷都の際建立され、子授け、安産の神様として有名な岡崎神社、終生添い遂げられた豊臣秀吉と北政所ねねを祭る豊国神社など、歴史のある神社で結婚式が挙げられます。

仏閣で行う結婚式である仏前式は、仏前に新郎新婦が来世までの縁を誓い先祖に報告する儀式のため、新郎新婦のどちらかがその宗派の信徒だという前提条件がありますが、親族のみで落ち着きがあり厳かな結婚式ができます。

また、仏前式では指輪交換ではなく念珠の授与行い、式場には散華という仏様を供養する蓮の花をかたどった色紙が撒かれ、仏閣ならではの体験ができます。京都では、北政所ねねが豊臣秀吉を弔うために開いた高台寺、世界遺産である清水寺など、歴史を感じることのできる仏閣で結婚式が挙げられます。